忍者ブログ
こんなもんじゃないの?
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
プロフィール
HN:
ken16w
性別:
男性
職業:
生涯子供宣言職(謎)
趣味:
ラジコン、ガンダム、プラモデル、玩具全般、F1、MotoGP、などなど
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/10 トッド]
[12/07 トッド]
[12/07 トッド]
[12/07 トッド]
[12/05 hide3]
お天気情報
カウンター
フリーエリア
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トゥエルブボディ完成編

細部の塗装
目(ライト)を塗ります
マスキングテープを剥いだら1mm程下にずらして再度貼り付けます。
そこに黒を吹けば綺麗にアイラインが入ります
キッチリ色が乗ったらマスキングを剥ぎます。

そしたら目玉入れ、これで命が吹き込まれます(多分)
目を入れることで表情が付きますからねぇ~

全てフリーハンドで行います。
白い外枠の円を書く
黒でその中を塗り潰し外を縁取ります。
アウトラインをボンヤリぼかします
全体に霧状に軽~く黒を吹き付け最後に白をベタ塗りすれば”目”が完成!!

でこうなる。

IMG_9434.jpg

 

 

 










この目玉塗り、エアブラシが調子悪かったりすると上手い事塗れないんだよね
ボディ塗りで一番気を使う箇所かもしれない・・・・
最後にコクピットの窓枠を塗ったら完成です♪


プロトフォーム AMR-12

IMG_4445.jpg

 

 

 

 

 

 






 

IMG_5289.jpg




















IMG_7308.jpg















b71178ec.jpeg




















IMG_5653.jpg

 

 

 

 

 

 

 






赤いのはデザインから始めたんでちょっと手間かかりましたね(汗)
これで発注品が無くなったので"プ"に移行です!!
ゴミみたいに放置されてるハイザックを進めまする。

ほやぁー

 
PR

黙々と塗りっ!!

前回の続き。
次に塗装する箇所のマスキングを剥ぎます。
上手い事剥がないと塗った塗膜が湯葉のようになってペロッと一緒に剥がれるので注意!!
乾燥がキチンとされてれば問題ないのかなぁ?
ken16wは毎回塗ってはドライヤーで強制乾燥の繰り返しなんでね、表面は乾いていても中身は半乾きって事がよくあるんです(汗)
焦ったり急いで塗ったら駄目ですよっていうイイ例です(汗)

ラインの境目にグラデーションを入れます。
赤い方には蛍光ピンク、青の方にはフロント側に蛍光オレンジ、リア側に白を入れました。
蛍光ピンクのキワには少しだけ赤で影入れてます。

でこんな感じね

IMG_0615.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

次は・・・・・って一気に進んじゃいました(汗)

大まかに言いますと(爆)
グラデーション入れたらメインのカラーをベタ塗りします
赤の方には偏光レッドを吹いた後に白、青の方には黄色ってね
その後、青の方はノーズ周辺の残ったマスキングを剥がして、偏光ブルーの後に白を吹きます。

次はアクセントとしてスパッツスティックスのミラークロームを塗ります。
赤の方はコクピット周辺、青の方はノーズの白とイエローの境目に入ります。
ギラッとね!!

こんなんなりました。

IMG_1884.jpg

 

 

 

 

 

 

 



残すは、目(ライト)とコクピットの縁の細かい部分になります。
今夜辺り塗り終えればいいなぁ~

乾燥が凄いですね
指がガサガサでヒビ割れちゃってます(痛)
そこにシンナーが入って痛いのなんのって(涙)
ちゃんとクリーム塗らんと駄目だね。

でんがな

トゥエルブのボディ

書き込んだラインに沿ってデザインナイフで切り込みを入れます。
力入れるとボディまで切っちゃうんで最小限の力で、マスキングテープだけを切るイメージでスゥーっとね
あまりにも力入れ”無さ”過ぎてよくナイフを落っことします、足に刺さった事も何度か・・・・(痛っ)
ナイフの刃は最低でもボディ一枚毎に交換しましょう、切れない刃を使うと要らない力入っちゃうからね
知ってます?、ナイフの刃に結構品質誤差があるって事
精度が良くなくて切れ味の悪いのが有るんだよね、硬いもの切ってる時は気が付かないんだけどマスキングテープみたいな薄いもの切ると良く分かる
刃が引っ掛かるイメージだね、良質な刃はスゥーって感じだけど精度の悪い物はズズズゥ~ってな感じなのよ
そんな時は惜しみなく交換して模型用にします。って、ほぼ模型にしか使ってないけどね(爆)

切り込み入れたら塗装する箇所のマスキングを剥ぎます。
たまぁ~に必要な個所剥いじゃって泣く事あります
複雑なデザインだと訳分かんなくなっちゃうんだよね・・・・

で、こんな

IMG_3353.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装前にマスキングの剥がれをチェックチェック!!
曲面部のように引張って貼り付けてるような場所はよく剥がれてるんで気を付けないとね
隙間に塗料が入っちゃうぜ!!

チェックがすんだら塗装開始、境目に濃い色でグラデーション入れます。
グラデーションというより強調線って感じだね、これしないと色の組み合わせによっては境目がボケボケになるからね。

でこんな感じになりました。

IMG_9247.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

塗り終えたらメインの色塗ります。
ベタ塗りなんで圧上げてブシューっと一気にね
最近ボディ塗装の頻度が激しく低下してるんで塗料が硬くてしかたないよ・・・・

ここまで一気に行ったった!!!!

IMG_2530.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

うんマズマズ♪

所々はみ出してるヵ所があるねぇ
はみ出た部分は爪楊枝でカリカリ削れば剥がれるんで、そこは模型の塗装より楽かな?
ただ、色間違えたとか塗る場所間違えたってなると修復はカナリ困難になりますねぃ
模型ならパーツ単体で塗装落とせますが、ラジコンのボディはほぼ一体物ですし透明ですからね
綺麗に落とせるかどうか・・・・

さて今夜も塗れるかな?
土曜の夜だしね・・・・・

だばさ

ラジコンボディ

マスキングテープを貼り終えたのでデザインの書き込み作業。
一枚は前回と同じもの、二枚は新規に作ったデザインにてテンプレートを作成
三枚全てにデザインを書き込んだ時点でパワーダウンだ・・・・

IMG_2246.jpg

 

 

 

 

 

 

 



書き込みの途中、目の回りがヒクヒクと痙攣を起こす
ん~ん、集中すると目が疲れる・・・・・
今夜から第二の難関カットに入りまする

 

昨晩ちょこっとTFを撮影し始めた
転がっていたワイルドタイガーを乗せるの図

TFP1120554.jpg

 

 

 

 

 

 












NSR50みたいだな
懐かしい、あれはイイバイクだったよなぁ
ギャグとかYSRとかさぁ(遠い目)
いまならモンキーRだな、結構高値なんだろうなぁ
どっかに綺麗なモンキーR転がってないかな・・・・


TF沢山あり過ぎ、変形させるのが難儀だわ(汗)

んだばば

バーチーに遊びに行ったのが原因なのか、なんだか日常に戻るのに手こずった感が拭えない
いわゆる休みボケってヤツなのだろうか・・・・

まっ、んな事も言ってられないのでアニメのJOJOや月9を見ながらラジコンボディのマスキング始めた
中途半端で作業を止めた為に偶然にも「作業のながれ」的な感じの画像になった

まずは、キャノピー、目(ヘッドライト)、タイヤのセンタリング用のマーキングをペタペタと(左)
ボディ全体をマスキングテープで覆う(中央)
適当に貼らず、効率良くシワにならない様に(右)、てな具合

IMG_2280.jpg

 

 

 

 

 

 

 




このマスキングを貼るのが一番嫌い(爆)
同じ作業を三枚繰り返さなきゃいかんのもキツイ
なんだかチマチマしてるし、湾曲部には上手い事貼れずすぐに剥げてくる!!
ええ、今夜も同じ作業を繰り返しますよ・・・・(溜息)

今夜は「遅咲きのヒマワリ」でも見ながらって事になるだろうか
真木よう子がちと老けちゃってるのが淋しいねぇ、生田斗真と同じ年齢の役なのだが、ちとキツくねぇか?(爆)

んだばっ

F1用ボディが完成しました(汗汗)

TRG製 94W
ウイリアムズFW16 アイルトン・セナ様号

IMG_4931.jpg

 

 

 

 











少し青が濃かったかな?と思ったのだが塗っちまった物はしょうがない(以前ハジメさん用に塗ったFW16は塗装を剥して塗り直したけど・・・・)
その直後、偶然にも依頼者青ドンより連絡が有り「青は濃いメで良いのよっ」て指令が来た。
なんでも翼端板に貼るカッティングシートの青が濃いのでそれに合わせろって事らしい
ふぅ~助かった・・・・(爆)


ヘルメットは付属の物を使用したのだが、どう見積もっても当時の形状と違う訳で・・・(ちと前の日記参照)
実際にはグリーンの帯はシールド上まで有るのだが何だか上手い事つじつまが合わせられなかったのでカットした。
まあ言わなきゃナンノコッチャレベルだと思うが・・・・
デカールは相変わらずサイズがデカイし全く膨張性が無いので貼りずらい、シワが浮いているがどうにもならないので無視してます(笑)
まっ、セナ様に見えるのでオケでしょう!!

IMG_5454.jpg

 

 

 

 

 












やっぱF1レプリカボディ製作はテンション上がるよねぇ~
完成時はガンプラに匹敵するほどの感動があるんだよねぃ♪
少し納期を読み間違えてヒィーヒィーだったけど間に合って良かったわぁ(滝汗)

青ドン様お待たせいたしました。今日発送いたします!!
週末のレースに間に合ったかな?
レースでぶっ壊さないように頑張って下さい!!

リアウイング用のデカールが無いのはオレのせいじゃないぜよ・・・・始めから無かったんだってばよ

んばっ

ジムはもうちょい表面処理が必要な事が発覚、じっくり小奇麗にしてから塗りまする。

そんな昨日、自宅に郵便物が着弾
上越の青ドンからである。
中にはラジコンのボディとブルーレイのディスクが一枚

ボデーはF1用、TRGの94Wってやつです。

IMG_9990.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

忌わしき94年、ウイリアムズのセナ様色指定です。
既に二度ほど製作してますが中々に難いですな、上手い事完成させましょう。
その前にジム塗っちゃいますけどね!!

で、コソッと入り込んでいたディスクの中身は・・・・
「非公認戦隊アキバレンジャー」だそうな

3161bd4c.jpeg

 

 

 

 

 

 

 





絶対ハマル!!って事らしいので今夜辺りから真剣に見てみようと思っちょります。
本当に「あり」なんだろうか・・・・・・

でんす。
 

忍者ブログ [PR]